下取りと買取

下取りと買取の違いは大きい

車を売る方法としては大別して下取りと買取があります。

 

下取りというのは新しい車を買ったところに古い車を売るということです。

 

対して買取というのは所有している車を単純に買取店に売却するということになります。

 

車を売るという意味では全く同じことのように思えます。しかし違いはあります。

 

それは売却額の違いです。

 

どちらが高く売れるのか?と言えば買取の方になります。

 

それなら何故皆さんは買取店に売らないのか?その理由としては単純に買取店に売る方が有利なのを知らないからだと言えます。

 

確かに買取店に売るのは手間がかかるということはあります。

 

しかし下取りと買取の差額は1000円や2000円違うというレベルではないので手間を惜しんでいる場合ではありません。

ケースによっては数十万円違ってくるということもありますので、買取査定はやっておくべきです。

 

下取りはなぜ安い?

下取りの価格は一般的には安いと言われています。

 

それは買取専門店ではなく、新車販売が主なディーラー店であるからだと言えます。

 

販路は自社の店頭のみですから限定的です。

 

一方、買取専門店は全国展開しているチェーン店や海外に販路を持つ業者もいて、買取をして売れるという自信があるから強気な価格で買取ができるという訳なのです。

 

正直新車販売中心のディーラーであれば中古車は必要ではないでしょう。

 

それ程欲しい訳ではないのです。

 

そういう背景があるからこそ車買取店に売るという選択肢は有効だと言えます。

 

手間を惜しんで万単位で損しないで欲しいと思います。

 

【車買取 青森トップページへ】